ポケットハッシュ(POCKET HASH)、登録&KYCで900ドルキャンペーンの概要の解説まとめ

ポケットハッシュ(POCKET HASH)とは?登録するだけで900ドルがもらえるキャンペーン内容を徹底解説

ポケットハッシュが25日から登録が開始となります。

先日の情報解禁から多くのユーザーが注目していて、すでに沢山のメディアで拡散されています。

そして、「登録&KYCで900ドル獲得キャンペーン」が展開されるため、そこからどのように収益を上げるのか当メディアでも解説いたします。

ポケットハッシュ(POCKET HASH)

ポケットハッシュは2016年にフロリダに登記されています。

また、2019年5月にはフロリダ銀行から出資も受けています。

画像がそのエビデンスとなりますのでご確認下さい。

運営は主にマイニング事業を展開しています。

ポケットハッシュは各地にマイニングファームを所有し、一部が中国の四川に展開されています。

Googleマップ上でも確認ができます。

従来の案件にあるような、運用実態のないポンジ案件ではなく、実際に事業として展開されています。

配当原資

このポケットハッシュの収益モデルは主に二つございます。

収益事業
  1. 企業に対するマイニング機材の卸売事業
  2. 自社でのマイニングによる収益

ポケットハッシュのマイニング実績に関して、ウェブページなど、今後は資料でも拡散されるようになっております。

キャンペーン

1月25日から登録開始となり、さらにキャンペーンとして「登録&KYC完了で900ドルプレゼント」が始まります。

但し、「登録&KYCで900ドルを受け取れる」という内容ではないので注意を要します。

しかし、900ドルキャンペーンから収益を上げることは可能となっておりますので、配当出金の流れと併せて解説いたします。

ウォレットシステム(ユーザーフロー)

ポケットハッシュで運用し、配当を得るまでには下記のフローとなります。

運用の流れ
  1. 「BTC/ETH/USDT」のいずれかで「PHT(独自トークン)」を購入。
    ※編集時点で1PHT=1$で固定の予定。
  2. その後、購入したPHTは「採掘ウォレット」に保管。
  3. 採掘ウォレット内のPHTを使って「マイニングマシン」をリースする。
  4. リースしたマイニングマシンから、毎日収益配当(PHT)が「換金ウォレット」に送金される。
  5. 換金ウォレット内のPHTを「BTC/ETH/USDT」に変換し、外部ウォレットに送金、または採掘ウォレットに送金し複利運用が可能
    ※ただし「換金限度額」と「換金可能枠」が設定されている。
    ※換金手数料が発生する。

利益獲得方法

25日からのキャンペーンで登録とKYCで900PHT(900ドル)」が採掘ウォレットに送金されます。

その無料で手に入れた報酬で900PHT分のマイニングマシンを借りることができ、そこから収益を上げることが可能です。

画像の様に、900PHTは「小型マシン」9台をリースすることが可能です。

小型マシンは一日当たり一台0.9PHTを換金ウォレットに送金してくれるので、9台リースした場合は「8.1PHT(約8ドル分)」が毎日、自動で換金ウォレットに送られます。

なので、キャンペーンを利用するだけで900ドル分(約10万円分)のマイニングマシンを無料で使用可能になります。

そして、そこから毎日報酬を受け取れます。

換金可能枠・換金限度額

次に、換金ウォレットに集められた配当を出金する必要があります。

ただし、「換金可能枠」があり「換金できる最大金額」が決まっています。

解放率は等級によって定められています。

登録時は「作業員」という等級になり、換金可能枠が「購入額の150%」となります。

作業員の等級であれば、先ほどのマイニングマシン「中型」を9台が一カ月稼働した場合、換金ウォレットには「243PHT(約2万5千円)」がすでに溜まっている状態です。

そのため、243PHTを出金するために「162PHT」(=243PHT÷1.5)を新規購入する必要があります。

しかし、162PHTを買って243PHTを受け取ることが出来るので、「81PHT(81ドル分)」がプラスになります。

(※さらに新規購入した162PHTでマイニングマシンをリースすることが可能です。)

もう一点、ポイントがございます。

換金の際に「換金手数料」が発生します。

出金手数料

等級が作業員の場合は「25%」が換金手数料となるので、先ほどの243ドル分のうち、外部ウォレットに送金出来る金額は「182.25PHT(約182ドル)」となります。

確定収益

こちらのフローをまとめると、162PHTを購入して182.25PHTを得ることになるので、収益は「20.25PHT(約20ドル)」となります。

また、換金限度額が「1日当たり30ドル」となるので、243ドルを換金する場合は大体8日~9日になります。

なので、ポケットハッシュで重要なポイントは毎日配当がもらえ、ログインボーナスも設定されているので「出来るだけこまめにログインして、換金する」という所であると言えるでしょう。

通常の配当型ウォレットと違う部分は、ポンジスキームではないので、配当が来た分を一気に出金できない点です。

しかし、ポンジでないからこそ出金に制限があるので、運営がしっかりとユーザーに対して利益を分配する、という事になります。

また、アプリ自体は毎日ログインして、キャラクターがどんどん地面を掘っていくことで、アイテムを報酬としてタップすることで受け取れる形になっています。

なので、ゲーム性が高く遊びの感覚で配当をコツコツ集めながら、稼いでいくというアプリになっています。

アプリ自体も大手企業のアプリゲームと遜色ないほど作りこまれているので、是非ご登録してみて下さい。

まとめ

新規登録とKYCから収益を上げる方法までをご紹介いたしました。

キャンペーンが継続しているうちに900ドルを手に入れて、日々の分配を受け取りましょう。

キャンペーンを利用すれば1か月後には20ドル分の利益が引き出せるような形になりますので、是非この機会にご参加してみてはいかがでしょうか?

少しでもわからないことがあれば、LINE@からお気軽にお問い合わせください。