エンジェリウム(Angelium)独自トークン「ANL」が上場へ!XLEVELやANLの概要を徹底解説!

エンジェリウム(Angelium)独自トークン「ANL」が上場へ!XLEVELやANLの概要を徹底解説!

2月20日の20時にエンジェリウムが「ANL」を上場しました。

そして、3月に入って様々なコンテンツがアナウンスされ、盛り上がりが加熱しています。

そこで、今回はANLについての基本情報・メリットなどを解説いたします。

ANLが上場

2018年にICOされたエンジェリウムのトークンである「ANL」がついに上場となりました。

2018年から様々なICOがローンチされるなか、他の案件は出金停止、配当停止、運営逃亡など相次ぎました。

しかし、エンジェリウムはそんな状況でも実直にプロジェクトを進めている状態で大きな期待が寄せられています。

ANL上場について

ANLは2月20日20時に上場され、すぐに価格が上昇しました。

3月2日現在は「1ANL=0.04ドル」となっていますが、上場のスタート価格から一時は2倍以上高騰しました。

事業収益の配当や第三フェーズが始まる前の状態で高騰しているので、多くのユーザーがANLに対して期待していると言われています。

3月にはコンテンツが本格的に動きだすので、価格が上昇する前に買いに走るユーザーが増えているのが理由でしょう。

プライベートチェーン

2019年末になって、ANLはEOS上で自社(エンジェリウム)の独立したプライベートチェーンに移行が完了しました。

2020年からは様々なプロジェクトがそのプライベートチェーン上で展開される予定で多岐にわたる活用が期待されています。

ここで「プライベートチェーン」について解説いたします。

EOSというのを「大きな国」だと仮定すると、ANLというのはその中にある「地域」になります。

プライベートチェーンに移行したというのは、その地域が国から独立して「自治区」として活動する状態をいいます。

なので、この例でいくと、今まで国の中で活動してきたANLは自治区として独立するので、通貨は独自のANLが流通することになります。

つまり、独立したANL内では基本的に「ANL」でしか買い物をしたり、金融取引ができません。
(※厳密に言うとエンジェリウムの取引所に上場した通貨のみで取引が可能になります。)

このプライベートチェーン移行によって、エンジェリウムは独自でANLやANXのトークンの価値を高めていくことが可能になります。

今後、事業展開がうまくいけばETHなどに引けを取らないコインになる可能性もあるでしょう。

上場する意味

エンジェリウムのプラットフォーム上では「ANL」が通貨となるので、エンジェリウム上で活動するためには必ずANLが消費されます。

今後エンジェリウムのプラットフォームで様々なコンテンツや事業が展開されるのですが、それぞれの事業にもトークンが発行されます。

それをここでは「サイドチェーン」と呼びます。

サイドチェーン
  • ANV:中国専用で使われるVRコンテンツのトークン
    (※ANGELIUM CHINAがマーケティング)
  • MVT:医療事業のトークン
    (※医療ビジネスとの提携)
  • NORI:オタク市場のトークン
    (※アジア圏のアニメ、漫画、ゲームコンテンツと連携)
  • BDA:コスメ、サプリ、CBD、スマートウォッチ等のプロダクト販売をしているアメリカ企業「BYDZYNE」との提携。
    (※BYDZYNEやその他提携企業が持つ約30万人の会員がエンジェリウムプラットフォームに流入の可能性あり)

要するにサイドチェーンの各通貨(トークン)はすべて「ANL」の上で動くので、送金や取引をする際に手数料として「ANL」が必ず消費されるということです。

そのため、サイドチェーンが上場される前にANLを上場させておかないと、各事業が動かせないという事になります。

ちなみにサイドチェーンプロジェクト運営者や事業者はANLを上場手数料として購入する必要があります。

ANLとANXの価格が上昇する理由

ERC20トークンの送信にETHが必要なのと同じ原理で、エンジェリウムでは全ての取引にANLが必要となりANLが消費されることはご理解できたと思います。

ANLが消費されるパターン
  • XCHANGE上場手数料:企業などがXCHANGEに上場する時
  • コンテンツ:エンジェリウムユーザーがコンテンツを使用する時
  • サイドチェーン:各プロジェクトのトークンの取引手数料にANLが使用される

そして、ANLをユーザーが手に入れるには必ず「ANX」を使う必要があります。

通貨ペア

「ANL」を手に入れるには「ANX」以外のトークンでは買う事はできません。

つまり、「ANL」に対する需要が高くなればなるほど、必然的に「ANX」の需要が高まります。

通貨交換の流れ
  • BTC or USDT
  • ANX
  • ANL

ANXの需要が高まれば、BTCなどでANXを買う人が増え、ANXの価格が上昇します。

つまり、エンジェリウムの事業収益が増えて需要が高まるほど、ANLの価格が上がりANXの価格も上がっていくという構図になってます。

特に、ANLはすべての取引に使われるので一番立場の強いトークンになります。

XLEVEL

そして今回、「XLEVEL」という新たなシステムが誕生しました。

(XLEVELに移行するため「HEAVEN BONUS」は段階的に終了しました。)

XLEVELというのは簡単に言うと「XLEVELの高さに比例して、エンジェリウムの事業収益が多く配当される」というシステムです。

例えば、Aさんが「100XLEVEL」でBさんが「25XLEVEL」だとしたら、Aさんの方が多く配当を受け取ることができます。

(※厳密にいうと、XLEVELホルダー全体のレベルの総数で割られたのち、保有レベルに応じて分配されます。)

つまり、エンジェリウムから合計100万ANLの配当が分配されるとして、その時点でのユーザーが「Aさん:XLEVEL40、Bさん:XLEVEL50、Cさん:XLEVEL10」だったと仮定した場合は、配当が下記になります。

分配計算
  • Aさん(XLEVEL40)→40万ANL
  • Bさん(XLEVEL50)→50万ANL
  • Cさん(XLEVEL10)→10万ANL

実際には、運営に対して入ってくる収益は「BTC、USDT、ETH、ANX、ANL」などで入るので、分配もそれぞれの通貨で分配されます。

(例えば、【1BTC】【6ETH】【7000ANX】で配当など、それぞれで分配されます。)

2種類のXLEVEL

ここで、覚えていただきたいのは「XLEVEL」は2種類あるということです。

XLEVEL
  1. 「ANL」のXLEVEL:ANLを「HEAVENしている日数(%)×保有数」に応じて上がる
  2. 「ANX」のXLEVEL:ANXを「HEAVENしている日数(%)×保有数」に応じて上がる

XLEVELは「ANL」と「ANX」それぞれに設定されます。

(例:ANL=10000 XLEVEL、ANX=20000 XLEVEL など、別々に設定されます)

そして、分配される配当原資も異なります。

ANLの場合

ANLを「HEAVEN」することで、あなたの「XLEVEL」の高さに応じて運営のコンテンツ収益から利益分配(ドロップ)が貰えます。

ちなみに「HEAVEN」というのは簡単に言うと、あなたが持っているトークンを一定期間ロックする事です。

ANLの場合
  • XLEVEL=Heaven日数(保有率)×ANL保有枚数
    例)10000 ANL保有する場合のXLEVELは10000 XLEVEL
    例)10000 ANLをHEAVEN90でロックした場合は13000 XLEVEL

つまり「ANLをロックした上で、できるだけ多くANLを持つ」と配当が沢山もらえる形になります。

また、ANLはエンジェリウムの全てのコンテンツで使われるトークンなので、ANLをたくさん持つことで「あらゆる事業収益」が分配されます。

今後様々な「アダルト」「カジノ」そして「VRコンテンツ(市場規模が右肩上がり)」がエンジェリウムで展開される予定なので、トークンの値段が上がり切る前に「出来るだけ早く、多くANLを保有する」事が推奨されます。

(※3月中にANLのHeavenも開始する予定だそうです。)

ICOでANLを保有したユーザー

2018年のICOでANLを買っていたホルダーはすでにXLEVELが設定されてます。

つまり、初期段階ですでにレベルが高い状態でスタートする形になります。

ICOで買った人のXLEVEL
  • ANLは自動的にHEAVENされていると計算
  • 期間は2019年1月1日から4回連続で90日HEAVENを行っている状態
    例)10000 ANLを持っている場合は「10000 ANL × 130% × 150% × 150% × 150% = 43875 XLEVEL」
  • 但し「Merge(結合)」が完了していない場合はXLEVELの適用なし

そして、ANLをICOで買ってた人はすぐに「Merge(結合)」して下さい。

結合(Merge)手順
Merge手順
  1. KYCを先に済ませる
    1 )https://wallet.angelium.net からエンジェリウムウォレットにログイン
    2 )setting→KYCを先に済ませてください(大体3-5日で反映完了)
  2. Merge設定する
    1 )setting→Merge選択
    2)押すとANLが保存された初期「WEBマイアカウント」のサイトに飛ぶので、usernameとPasswordを入力しログイン
  3. Confirmし終了
  4. 「ANLの枚数」を最終確認
  5. OKであればConfirmを押す
  6. 終了しエンジェリウムウォレットにANLが反映される

以上にて「Merge」は完了です。

■■■結合方法の資料■■■
https://docs.google.com/document/d/1A0uJ9mTWtDhhCPDkrBlxEvAMh6cxH4LzRaAyPkBYSCg/edit#
(日本語は下の方にあります)

2月以降にMergeがずれ込んでもXLEVEL(ANL)は付与されますが、それまでのDROPは失います。

ANXの場合

「ANX」「ANLを買うために必ず必要なトークン」です。

つまり、エンジェリウムの中のみで流通する通貨「ANL」と外の世界の通貨を繋ぐ「橋渡し」的な役目を担っています。

基本的にANLを買うには「XCHANGE」の取引所で取引する必要があります。

そして、ANXにも「XLEVEL」が設定されていて、下記条件でXLEVELが上がります。

ANXの場合
  • XLEVEL=Heaven日数(保有率)×ANX保有枚数
    例)10000 ANX保有する場合のXLEVELは10000 XLEVEL
    例)10000 ANXをHEAVEN90でロックした場合は13000 XLEVEL

保有率

Heaven日数はプランに応じて「保有率」が設定されています。

なので、XLEVELが決定する計算は「トークン枚数×保有率=XLEVEL」になります。

ヘブンの日数と保有率は下記になります。

プラン ロックされる日数 保有率
HEAVEN 90 90日 130%
HEAVEN 60 60日 115%
HEAVEN 30 30日 105%
ANOTHER HEAVEN 90 90日 150%
ANOTHER HEAVEN 60 60日 125%
ANOTHER HEAVEN 30 30日 110%

例えば、10000 ANXを「HEAVEN90」でヘブンした場合はXLEVELは下記計算で算出されます。

XLEVEL算出
  • 10000 ANX×130%=13000 XLEVEL

(※「ANOTHER HEAVEN」というのは、初回のロック(HEAVEN)が満期になって、そのまま継続して再度ロック(HEAVEN)する事を言います。)

注意事項

ここで、XLEVELに関して注意事項があります。

まず、ICOでANLを購入していたユーザーは既にXLEVELが設定されていますが、ANLをXCHANGEに移動させた時点でXLEVELが無くなります。

また、ANLもANXもどちらもHeavenを一度でも解除するとXLEVELは全て元に戻ります。

(※ステータスの階級に応じた特別待遇や特典もなくなります。)

ANLのHeavenが出来るまでの期間はできるだけXCHANGEには移動させずにウォレット内で保有しておきましょう。

メリット

ここで改めて、ANLやANXをHeavenするメリットをご紹介いたします。

1、運営の収益配当

一つ目は、Heavenドロップ(=運営の利益分配)が受け取れるという事です。

この収益分配はHeavenしているユーザーにのみ与えられる特典になっています。

その配当原資はそれぞれ異なります。

配当原資
  • ANX:取引所の収益(取引手数料など)
  • ANL:コンテンツの収益

なので、現時点で配当を得る方法としては下記になります。

配当を受け取る方法
  1. エンジェリウムウォレットに入金する
  2. 「XCHANGE」にてBTC・USDT等ANXを購入する

    【ANXの配当を受け取る場合】
    ANXをウォレットに移して「HEAVEN」をする

    【ANLの配当を受け取る場合】
    「XCHANGE」にてANXで「ANL」を購入する
    ②ANLを「HEAVEN」する。
    ※ANLのヘブン開始は3月以降を予定しています。
    ※上場から一時は上場時の価格から2倍ほど高騰しているので、さらに上がりそうであれば早めに買っておきましょう。

2、ステータス

ステータスとはエンジェリウムの様々な特別優遇が受けられる制度のことです。

(例:エンジェリウムが販売するVRゴーグルなどのプレゼントなど)

ステータスはXLEVELに加えて下記の条件を満たすと上がっていきます。

ステータスUP基準
  • XLEVEL
  • コンテンツ使用率
  • コンテンツ課金総額 etc…

下記はステータスの一覧です。

ステータス一覧(予定)
  • 人間界
  • 精霊界
  • 天界
  • 神界
  • ?????

その詳細は随時アナウンスされるそうです。

LINE@にご登録いただければ、最新の情報を受け取っていただけます。

ANLの買い方

買い方に関しては後日、配信いたします。

事業進捗

2018年からICOが量産されましたが、ここまで事業を堅実に進めている案件は他にないと言われています。

そこで、今後の予定を共有させていただきます。

今後の予定

ピンクマーカーの項目はすでに完了している項目です。

2月度全体(予定)

☑2月17日 「ANLのXCHANGE上場」

□2月末 Xwish第二弾タレント発表予定➡延期となりました

Xlove遅延理由と今後に関して告知

2月末 TOUKU正式Apple store承認

2月末 「3Dメタバース α版」公開

2月末 ANL、ANXトークンバーン実行(2回目)

2月末 第一弾サイドチェーンプロジェクトで韓国IEOユーザーに向けてトレード開始していたNORIトークンがXCHANGE全世界のユーザー対象にトレード開始

3月度全体(予定)

□新ゲーム Angel Toss α版発表

□XPを使った次世代型新サービス発表

□独自OS &AI搭載VRデバイス 進捗報告

□大手カジノ企業と業務提携予定

□New Walletリニューアル概要発表

□ANL、ANXトークンバーン実行(3回目)

□韓国の大型バートナー会社と正式に業務提携予定

□中国大手ブロックチェイン企業と正式に業務提携予定

□中国深センチーム本格稼働(ウイルス影響によりオンラインマーケティングに変更)

□新パートナーの台湾チーム本格稼働(新トークンがXCHANGEに上場予定)

4月度全体(予定)

□TOUKU正式版リリース予定

□2D新作ゲームリリース

□XWALKERによる新サービス及び大型マーケティング開始予定

□ANL、ANXトークンバーン実行(4回目最終)

運営による定期配信開始

運営がユーザーからの問い合わせや要望に応えるために、定期的にANGELIUMの事業進捗をレポートにまとめて、毎月の初旬と中旬に定期配信いたします

(※下旬は定例質疑応答会のため省きます)

エンジェリウムは本当に本気でこのプロジェクトを成功させるために、スタッフ一丸となって動いているそうです。

なので、ユーザーの皆さんもこの定期配信しっかりチェックして、良いところ悪いところをどんどんぶつけていきましょう。

そうすることでプロジェクトとしての成功につながります。

まとめ

まだまだ、コンテンツリリースは一部β版のみとなっています。

エンジェリウムは2020年にコンテンツを続々とリリースしていく予定です。

ANLが上がっていく前に早めに仕込んでおいて、来月にヘブンをして配当を受け取っていきましょう。

トークン価格は一時2倍以上にまで高騰し、現在も高値で推移していますので、チャンスがあるうちに参加しましょう。